メインイメージ画像

パートナーとのギャップに注意

嫁入り前の女性が持っている結婚式の憧れというと、どんなものが考えられますか?白いウエディングドレス、教会での結婚式など、いろいろとあると思いますが、ことさら、外国での結婚式はとても注目を集めています。ブルーの海と空、それらをバックに結婚式をするシーンは、言うまでもなく憧れですよね。でも、気をつけたいのが、結婚式への憧れというものには男女のギャップが大きく、男性の中には、結婚式はひとつの通過点、とする考え方をする人も珍しくないので、正直に二人の本音を出し合う必要があるでしょう。

欧米の映画の結婚式のとき、花嫁の周りにお揃いのドレスで着飾った女の人が2〜3人いるのを見たことがあると思います。国内ではそんなに周知されているものではありませんが、ブライズメイドという、花嫁の立会人です。世間では、ブライズメイドは新婦の親戚や親友など、未婚の女の人たちが努めます。

ブライズメイドはお嫁さんに先立って、バージンロードを歩き、入場する新婦を待ち受けて、挙式の際はウェディングドレスの乱れを直したり、指輪交換のときにはブーケを持つといった、様々なケアをするのです。

結婚をするときには、様々な人から祝い事の品物やお金を受け取ることになるのです。普通は、先方には、お祝いの3分の1から半額くらいのものを内祝いとしてお返しをします。

式に参列した方からは、ご祝儀として頂戴することになるはずですが、そのときには、引き出物で渡すことになるのです。そういう場合の物選びですが、基本的に自分がもらって喜ぶものや役に立ちそうなものを見つけるようにしましょう。個性のあるものは、人によって好みが違うので、避けたほうが無難でしょう。